2011年 02月 12日

01/15 黄色い東京駅

東京駅に入線してくる「黄色い先生」

ゆっくり向かって来るとはいえ、この強烈なヘッドライトの光を受けるとAFを維持するのも大変…
f0237201_1194715.jpg
f0237201_11125950.jpg
CANON EOS40D CANON EF300mm f/4L IS USM 2011.01.15 T4試運転 東京駅



いつもは目の前をあっという間に駆け抜けていく「黄色い先生」ですが、この日は折り返しまで約20分撮り放題です(笑
f0237201_11175320.jpg
f0237201_11204592.jpg


7両編成の「黄色い先生」オリジナルの「700系」とはパッと見の外見こそ似ていますが

窓やドアの枚数、パンタグラフの本数など違いがいっぱい。撮り放題の時間を利用して1両ずつ見て行きます。

まずは、博多寄り「1号車」923-1 信号・通信関係、変電所状態、電車線関係の計測を行っています。
f0237201_1132984.jpg


「2号車」 923-2 電力関係や集電状態の測定を行ってます。

ひと際目立つ、大きめのパンタカバーには集電用と測定用のパンタグラフが収まってます。
f0237201_11364810.jpg
f0237201_11372352.jpg


「3号車」 923-3 屋根上に架線状態を監視するドームが設置され、電力データ処理室や測定電源装置があります。
f0237201_11414339.jpg


「4号車」 923-4 軌道関係の測定を行ってます。台車も測定機が付いた専用の物を使用。
f0237201_11452921.jpg
f0237201_11461766.jpg


「5号車」 923-5 測定用電源の供給を行い「3号車」と同じく屋根上に監視ドームが設置されてます。
f0237201_115099.jpg


「6号車」 923-6 「2号車」同様にパンタグラフを2基装備し電力関係の測定を行い、高圧室・機器室などがあります。
f0237201_1155455.jpg


東京寄り「7号車」 923-7 信号関係の測定を行い、添乗員用に座席が設置されているので、窓の数も多めになってます。
f0237201_1159225.jpg
CANON EOS40D CANON EF-S 17-85mm f/4-5.6 IS USM 2011.01.15 T4 試運転 東京駅

このほかにも、いろいろ測定用機器や装置があると思いますが、わたしが分かるのはここまで…

まだまだ謎が多い「黄色い先生」です。。。

by go_taka_810 | 2011-02-12 12:06 | 東海道新幹線 | Comments(2)
Commented by luggagespace at 2011-02-13 01:05
こんばんは。
大きな違いをもう一つ発見しました!
それは側面に案内表示窓がありません(@o@;)
営業運転してないのであたりまえのことですが、例えば「軌道検測中」とか「架線検査中」などと出してくれれば楽しいのですが(^_^;)
側面に「East-i」のようにもうすこし遊びが欲しいです。
でもかっこいいです、黄色の先生(^-^)
Commented by go_taka_810 at 2011-02-13 11:24
こんにちは~ラゲッジスペースさん。
すっきりとした側面に違和感を感じませんでしたが、表示窓がありませんね(笑
現在の検測状態表示は面白いサービスですね。こんなサービスもありかもしれませんね。
実は検測の状態、わかる方法が一つあるんですよ!ヘッドライトの点灯状態で
フル点灯は検測中、ハロゲンのみは回送等と区別されているらしいんですが…
今回の試運転時はフル点灯でした…これもまた謎です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 01/16 真っ白な世界 ~その1~      01/09 金色の浜松 「後編」 >>