2016年 01月 01日

01/01 あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年は北海道新幹線の開業を控えた北の大地に大好物コラボの「500Eva」引退が発表された「700系」などなど

新幹線網の拡大と期間限定ネタで、諭吉さんがお財布の中でゆっくりしている暇がない1年になりそうです…

のんびりくつろいでいるお姿を拝見してみたいですが、ぷらっと病の発作を抑える特効薬が乗車券なんですよね(大汗。。。

本年も当ブログをよろしくお願いします。
f0237201_16380583.jpg


by go_taka_810 | 2016-01-01 00:00 | その他 | Comments(10)
Commented by 新幹線女子写真部 at 2016-01-01 08:31 x
夢旅人さん、明けましておめでとうございます(-´∀`-)
今年もなにとぞよろしくお願いします!
Commented by あかめおやじ at 2016-01-02 06:41 x
あけましておめでとうございます。
色々と忙しい年になりそうですね。
こちらN編成もどの程度残ってくれるか心配ですが、数は期待できないのでアチコチ遠征をしたいなあと思っております。
また、バッタリとお会いすることも期待し沿線へ立とうと思います。
今年も宜しくお願い致します。
Commented by go_taka_810 at 2016-01-02 14:37
あけましておめでとうございます。新幹線女子写真部のみなさん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。今年も皆様の作品・ご活躍を期待しております。
どこかでお会いできることを楽しみにしています。
Commented by go_taka_810 at 2016-01-02 15:06
あけましておめでとうございます。あかめおやじさん
改正後のN編成の動向も気になるところですね。。。わたしも記録に残していこうと思ってます。
そして新幹線網の拡大と各種イベントで全国を駆け巡りそうな1年になりそうな感じです(汗
今年も予想外のところでお会いできることを楽しみにしています。
本年もよろしくお願いします。
Commented by n700-7000 at 2016-01-04 00:14
あけましておめでとぅーーーっございます!!!O(≧▽≦)O

ここ数年、在来を含め新旧の入れ替えの絶えない年が続いていますね。

ネタが増えると共に遠征費もかさみますが、今年も全国を飛び回る活躍を楽しみにしています。
あと、近場の遠征でしたら、ぜひ声を掛けて下さいね(^^)/
本年も宜しくお願いいたします。
Commented by go_taka_810 at 2016-01-04 01:04
あけましておめでとうございます。n700-7000さん
確かに在来も含めせわしく新旧入れ替えがありその度に北へ南へ顔を出している感じです。
北海道新幹線の開業で北海道も守備範囲になってしまいますし、ますますお財布の中で諭吉さんもゆっくり出来ませんよね…(苦笑
プチ遠征も含め本年もよろしくお願いします。
Commented by Ryuuichi Yoneyama at 2016-01-04 08:16 x
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

新幹線網が遂に日本列島を結ぶ年が来ましたね。
撮影では本当に日本を駆け回ることになりそうですが、北のご案内はお任せくださいね。
私も時々南下しますので、またご一緒しましょう!
Commented by go_taka_810 at 2016-01-04 21:59
あけましておめでとうございます。Ryuさん
いよいよ北海道まで新幹線行けるようになりますね!!
飛行機が苦手なわたしにとっては新幹線開業で北海道日帰りもこれからは可能となってしまうということで
ぷらっと病の発作が出た時、気が付いたら北海道なんてことになるのではないかと恐ろしく感じてます。
その際はご案内よろしくです。本年もよろしくお願いします。
Commented by menzure-tohma at 2016-01-08 18:19
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
素敵なお写真
これからも楽しみにしております!
Commented by go_taka_810 at 2016-01-09 12:14
あけましておめでとうございます。menzure-tohmaさん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
機材も新調したので、性能をフル頼りお見せできる写真を量産出来ればと思ってます。
犬ずの記事も楽しみにしてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 12/23 最後のNの姿 ~その1~      12/17 続・すべての一瞬が... >>